携帯電話から法律・金融情報まで使えるのもは何でもツカウ

HOME > 日記 > 現在の記事

いってきました行政書士試験。

本日はそのご報告です。


まず最初に・・・。

難しいぞ!このやろぅ(# ゚Д゚) ムッキー

難しいというか・・・、もはや行政書士の過去問は意味をなしません。

試験問題はほとんど意味不明な問題だったような・・・という感想です。

国家レベルで行われる壮大なクイズ

傾向がつかめなかったので、そんな感想しかできません。

でも!でもですね・・・

先ほど自己採点したら・・・

問題形式 問題数 配点(予想) TAC解答での自己採点結果

5肢択一

40問

各2点

25問

(疑義問含めれば26)

50〜52点

選択式

3問(各4つ)

1つにつき1点

9こ

9点

記述式

3問

各10点

1問

(採点が甘かったら+α)

10点

一般常識

14問

各2点

7問

(疑義問含めれば8)

14〜16点

合計

150点

83〜87点

11月13日TAC解答速報の変更に伴い更改

こんな感じでした。

センター発表の合格基準は全体の60%ってことは・・・90点あれば合格?

ぅ〜んビミョー(−盆−)記述の部分点次第

上手く滑り込まないかなぁと思ってます。


出題傾向ですけど、重箱の隅をつつきまくった問題が多く、基本的な問題は個数問題にするという

なんともえげつない出題方法( ̄^ ̄;)

そんな意味不明な出題に対しては

問題の内容はさっぱりわかんないけど、テキストに載ってた様な選択肢があったからとりあえずそれを選んでおこう

という基準でマークしていきましたけど・・・。(いいのか?)

それにしても、いろいろな資格の学校が解答速報を出していますが、ものすごい勢いで変更されていってますね。誤っていたとおもった問題が正解になったり、その逆もしかり。

正直、この自己採点の結果も数日経ったら変化している事でしょう。


話は変わりまして、試験問題でびっくりしたことがありました。

それは選択式の出題形式があったことです。

選択式試験とは、例を挙げると社会保険労務士試験の午前中の部で行われる出題形式なんですけど

問題文を虫食い状態にしておいて、その穴に1〜20番の語群から当てはまるものを選択させる

というものです。

かんたんに言ってしまえば、パクリですな。

どういうものかは社会保険労務士の問題をご確認ください。⇒選択式問題

この出題形式は今後も継続する予定なのでしょうか?


さてさて・・・

2年近くに渡る長かった勉強期間もひと段落。

明日からいったい何をしよう・・・

と、熱心だった仕事を定年退職したお父さんの様な感じを受けていますが、しばらくは軽い生活を過ごしたいと思っております。


とりあえず、おつかれ!

と言ってくださる方は応援よろしくです!⇒RANKING



posted by イタチ at 00:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
おつかれ!
まぁ、社会保険労使はとれたし、いいんでない?行政書士はまた来年でもヽ(´∀`*)ノ

落ち着いたら、今度は就職活動かね〜?

とりあえずは旅行などして、奥様孝行するべし!
Posted by ユウゴ
あり!

実務経験無い者が社会保険労務士の登録をするには研修を受けないとならないんだけど、
なんとその費用が7万円・・・(。。ツライ

ってことで、旅行するお金もぶっ飛んでしまった僕にいったいどうしろと・・・。

残業で稼ぐかぁ。
Posted by イタチ
コメントを書く
お名前

メールアドレス(mail)

ホームページアドレス(URL)

コメント

この記事へのTrackBack URL
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。